NPO法人とは

そもそもNPOって何?

 

そもそもNPO法人って何なのでしょうか。

 

NPOはNon Profit Organizationの省略形であり、直訳すると非営利組織です。

 

民間のボランティア団体はもちろんのことで、地域の町内会や、クラブ活動なども非営利組織の一種ですね。

 

探してみると、私達の身の回りには非営利組織が非常に多くあります。

 

それでは、NPO「法人」とは?

 

では、NPO法人とは何でしょうか?

 

結論から言えば、NPOが法人格を備えたものです。

 

『特定非営利活動促進法』という法律に従って手続きを行ったNPOが、NPO法人になることができるのです。

 

この法律が制定された背景には、政府に対処しきれない社会問題が多いことがあげられます。

 

 

 

国や地方公共団体が行う行政サービスは厳密なルールに則って行われなければならず、どうしてもそのルールからはみ出てしまう人が出て、思ったようにサービスが行き届かないと言った原状があります。

 

 

ボランティア団体などのNPOは、そのような社会問題に対する解答として大きな期待が寄せられていて、国としてもその継続的な活動を支援、促進するために法律を制定したのです。

 

この法律によりNPOは法人格を取得し、その法人の名前で活動し、契約を行うことができるようになるのです。

 

関連ページ

NPO法人は儲けたらいけないの?
極めて誤解されやすい「非営利活動」という言葉について正しい解釈をしましょう。
NPO法人のメリットとデメリット
NPO法人ってどういう利点があるの?またその欠点は?
NPO法人と株式会社との違い
NPO法人は非常に特殊な法人です。どのような特徴があるのか、最も一般的な法人である株式会社と比較します。
認定NPO法人について
認定NPO法人って?あまり知られていない認定制度、それによって得られる利点を少し見てみます。